ニュース

東京水道サービスがパートナー企業・PUCとの合併を発表

東京・水道事業会社を合併

東京都水道局の管理団体・東京水道サービス株式会社(TSS)は、パートナー企業である株式会社PUCと合併の契約を締結したと2月14日に発表。「東京水道株式会社」として4月にスタートします。

持続可能な水道事業の運営を目指して

東京都では、浄水場の老朽化による大規模修繕の必要性に対し、2025年以降から都の人口減少・給水収益減少が予測されています。これらのことから、東京都の水道事業を持続可能な運営にしていくため、TSSとPUCが合併することになりました。

両社の調印式では、合併後の新会社名「東京水道株式会社(Tokyo Water Co., Ltd.)」と、ロゴマーク、社外取締役候補3名が紹介されました。

東京都水道局の岡安理事から、新会社の社長にTSS代表取締役である野田数(のだかずさ)氏が推薦されています。社長就任から短期間で様々な改革を行ってきた実績を評価しており、両社の協議のもと、知事の了承を経ていると報告しています。

4月1日より業務開始

野田氏は、統合に関する組織再編成への意欲とともに、技術・営業・ITを組み合わせた価値創造と顧客サービスの充実に取り組んでいくとコメント。

新会社は、令和2年4月1日より業務を開始する予定となっています。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京水道サービス株式会社のプレスリリース
https://www.tssk.jp/topics/2020/post_1138.html

ー事業承継を考えている方へー

・会社を事業承継したいけど方法がわからない。

・事業承継をする相手を探したい。

こんな問題を解決できるサービスが「会社即売.com」です。

事業承継には様々な選択肢があります。親族間の承継、会社を他社に譲渡するなど。

・引退後の資金の獲得
・個人保証からの解放
・育てた会社の事業継続

上記を実現するべく、手数料無料で素早く売却できる「会社即売」にまずは相談してみましょう。

 

▷▷「会社即売.com」の詳細へ

-ニュース

Copyright© 事業承継プロフェッショナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.