アリックスパートナーズの特徴と強みを解説!欧米進出を目指す企業から評価される理由とは

アリックスパートナーズの特徴と強みを解説!欧米進出を目指す企業から評価される理由とは

事業コンサルティング系M&A仲介会社

アリックスパートナーズの特徴と強みを解説!欧米進出を目指す企業から評価される理由とは

外資系のコンサルティング会社としてアメリカに基盤を持ちながら、東京に日本支社を展開してM&Aなどの事業にも取り込んでいるのが「アリックスパートナーズ」です。

特に事業再建の分野において自他共に認める企業として知られていますが、アリックスパートナーズにはどのような強みがあり、その強みをクライアントに還元しているのでしょうか。

 

アリックスパートナーズの成り立ちをはじめ、長所となる特徴や、クライアントからの評判をまとめて、詳しくお伝えしていきます。

 

アリックスパートナーズの成り立ち

「アリックスパートナーズ」は、1981年にアメリカ・デトロイトで創業した経営コンサルティング会社であり、主に事業再生を得意分野にしていることで知られています。

現在は本社をニューヨークに移しており、Kマートやゼネラルモーターズといった巨大企業の再生支援実績を持つ企業として、世界的に有名なコンサルティング会社です。

アリックスパートナーズの東京支社

 

日本支社は東京都千代田区丸の内に展開しており、ライブドアや日本航空の再建支援を行うなどの実績があり、日本国内においても知名度を飛躍的に高めています。

近年はプライベート・エクイティ・ファンドに向けたコンサルティングを重視し、M&A案件やPMIを新たな主要サービスに加えていることも特徴的です。

 

若年層の社員が中核を担うことが多い業界において、アリックスパートナーズではミドル・シニア層を中心とした人員構成で、豊富な経験値を持つスタッフが揃っています。

 

アリックスパートナーズの特徴

アリックスパートナーズが最大の強みとして備えているのは、倒産の可能性が高まっている危機的状況下に置かれた企業の再生実績に長けているという点です。

コンサルティング業界では成功実績を増加させたいと考える企業が多く、救うことが困難な企業へのコンサルティングを行う企業の数は限られていました。

 

しかしアリックスパートナーズはそういった状況に一石を投じ、経営再建が絶望的と見られる企業に対してもコンサルティングを行い、立て直しを図っています。

特に、創業の翌年に行われたエレクトリカル・スペシャルティーズ社の事業再建を実現させた一件は語り草になっており、伝説的な支援としてあまりにも有名です。

 

国外ではその後も危機的な企業を救うコンサルティング活動に尽力し、ゼネラルモーターズやエンロンといった企業の立て直しにも成功しています。

そういった実績を買われ、日本国内のコンサルティングにおいても、倒産の危機に瀕している企業の立て直しの依頼を請け、成功させてきた実績を有しています。

 

例えば日本航空やライブドアグループの再生支援、ニイウス コーの事業譲渡、そして日本電気の米国上場廃止問題への対応などで実績を上げたことも記憶に新しいところです。

 

世界中にネットワークを持つ巨大組織として知られる

アリックスパートナーズが拠点を持っているのは、本国のアメリカと日本だけに留まりません。

北米を中心とした展開を見せるなか、ヨーロッパやアジア地域にも18の拠点を持ち、累計1,000人に及ぶ担当者を配置させている巨大組織がアリックスパートナーズです。

 

スタッフの国籍もさまざまであり、業種ばかりではなく、各国の経済や文化そのものにも精通したスタッフからの支援を受けることができます。

日本オフィスの従業員数は30名と限られていますが、財務や情報管理、経営改善、企業再生と主要な部門を網羅し、少数精鋭の運営を行っていることが特徴的です。

 

日本共同代表としては深沢政彦氏と野田努氏が君臨しており、内資・外資を問わず各国のトップ企業で重役を務めた能力をいかんなく発揮しています。

結果として、アジア事業転換・再生協会からの「2014年度大規模企業再生賞」を受賞するなど、社外からの客観的な評価も大きく向上させています。

 

経営改善をベースにしたM&Aに臨むことができる

アリックスパートナーズが重視しているのは企業再生や企業価値の向上であることは確かですが、M&Aに対しても精力的な姿勢でサポートを実施しています。

与信の拡大と低金利によって、特に部品業界のM&Aが加速化する傾向にあるという予測を基に、アリックスパートナーズが現在特に力を入れている分野こそがM&Aです。

 

アリックスパートナーズでは、まず経営改善や企業再生、リストラクチャリングを実施した上で移転価格や財務に関するアドバイスを実施しています。

M&Aや組織再編に関しては、国内外からの多くの買収先を網羅することによって対応し、個々の案件に最適な企業の紹介を行っています。

 

また、訴訟や規制対応支援にも取り組んでいることから、国際仲裁などの実績も多く持っており、国家を超えた難しい法務問題にも自信を持って対応中です。

買い手にとっては、再建に関する実績が豊富なアリックスパートナーズが関与した企業を買収できるというバリューがあります。

 

そのため、買い手として立候補する企業が多く、売り手から見れば優秀な買収先を見つけることがアリックスパートナーズを活用するメリットです。

 

アリックスパートナーズによる成功事例と評判、口コミ

ここでは、実際の成功事例や評判、口コミを紹介します。

 

経験と事後統治のノウハウを生かした欧米企業の買収に定評がある

アリックスパートナーズを取り仕切っているサイモン・フリークリーCEOは、日本企業による欧米企業の買収がまとまらない原因を「経験と事後統治力のなさ」としています。

文化や法律が異なる欧米企業との取引は日本企業にとって大きな課題となっており、これが原因でビジネスチャンスを逃す日本企業が多いという実情があるのです。

 

事実、海外とのパイプを強調するM&A仲介会社を選んでも、買収先として選べるのはアジア諸国の企業ばかりだったというケースも決して珍しくありません。

しかしアリックスパートナーズは、欧米を中心に基盤を作り上げてきたコンサルティング会社なので、パイプ役として十分な力を発揮することに期待できる企業です。

 

絶対的な経験を生かすばかりでなく、事後統治にも深く関与する企業だからこそ、クロスボーダー案件のM&A成立を目指す経営者からの評価が高くなっています。

 

他社では相手にされない経営状況からの再建を目指せる

アリックスパートナーズが最大の強みにしているのは、倒産寸前という危機に瀕した企業を幾度となく救い、世界的企業として再建させた実績です。

そのため日本国内においても経営状況が悪い企業へのコンサルティングに積極的で、他社では相手にされないような財務状況からの改善を目指せたという声が目立ちます。

 

語弊を恐れずに言えば、見捨てられてしまってもおかしくないような企業に対しても全力で支え、あらゆる手法で経営再建を後押ししてくれる企業です。

経営状態が悪くても企業の分析をしっかりと実施すること、価値を高めた上でM&Aや法務手続きへと進めることなどが高く評価されています。

 

まとめ

「アリックスパートナーズ」は、アメリカ・ニューヨークを拠点として世界各地でコンサルティング業務を行っている、グローバルなトップ企業の一つです。

特に経営難に陥った企業を再生させてきた実績が豊富であり、国内外を問わず、有力な巨大企業の経営を立て直し、世界的企業に押し戻した経歴を多数保持しています。

 

近年ではM&Aにも力を注いでおり、経営難に陥っている企業の売却はもちろんのこと、欧米企業の買収を目指すクロスボーダー案件のM&Aにも力強く対応しています。

 

事業コンサルティング系M&A仲介会社9選を紹介する!

ー事業承継を考えている方へー

・会社を事業承継したいけど方法がわからない。

・事業承継をする相手を探したい。

こんな問題を解決できるサービスが「会社即売.com」です。

事業承継には様々な選択肢があります。親族間の承継、会社を他社に譲渡するなど。

・引退後の資金の獲得
・個人保証からの解放
・育てた会社の事業継続

上記を実現するべく、手数料無料で素早く売却できる「会社即売」にまずは相談してみましょう。

 

▷▷「会社即売.com」の詳細へ

-事業コンサルティング系M&A仲介会社

Copyright© 事業承継プロフェッショナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.