破産による手続きと対策方法

危機的な状況ほど冷静に!会社が潰れそうな場合に取るべき対策は?

会社の経営者としては、顧客の満足度を高めること社会に貢献することを目標に掲げながら、日々経営努力を積み重ねているものですが、

市場環境の変化などにより会社の経営が思わしくない状態に追い込まれることがあります。

 

従業員の生活を守り、取引先に対して迷惑をかけないためにも会社の倒産はできる限り回避しなければなりません。

しかし、会社が潰れそうな場合、どのような対策を打てば良いのでしょうか。

 

会社を立て直す気持ちを強く持つ

会社が潰れそうな状況になっているときほど、視野が狭くなりがちで適切な対応方法が見つからない場合があります。

しかし、経営者が不安に駆られている状態では、会社の存続が厳しくなってしまうことでしょう。

大切なことは、会社を立て直す気持ちを強く持つことです。

 

会社が潰れそうになっている場合、経営者が真っ先にとるべき行動は「会社を立て直す気持ちを強く持つ」ということです。

もし、会社が倒産してしまうと、顧客に迷惑がかかるだけでなく従業員を解雇しなければならないほか、

取引先に対しても支払いが行えなくなり、多くの人たちに対して迷惑をかけてしまいます。

また、廃業するにしても多くの手続きが必要となってしまいます。

関連:会社をたたむのは大変?廃業の手続きを業界毎にわかりやすく解説!

 

そのような事態を防ぐためにも、経営者自身が「会社を立て直す」という強い気持ちを持つことが大切です。

それによって、会社を立て直すための行動が自然ととれるようになります。

 

会社の現状を把握する

「会社を立て直す」という気持ちを強く持ったら、行うべきことは会社の現状を把握することです。

主観的な視点で会社の状況を眺めるのではなく、あくまでも客観的な視点で会社の状況を眺めることが大切ですが、

そのためには経営数値から判断することが重要となります。

 

経営数値から会社の変化を読み取る

会社を立て直すために経営者が最初に行うべきこととしては、会社の現状を把握することです。

会社が潰れそうな前兆は、売上額や利益額など、会社の経営数値の変化から読み取ることができます。

 

数字は、ものごとの状態を客観的に示す性質があるため、多くの場合、売上や利益の数値は現在の会社の状況を的確に表しています。

売上は前年比でどの程度落ち込んでいるのか?

特に売上が落ちているのはどの商品群か?

売上の減少幅と比較して、利益はどの程度落ち込んでいるか?

など、会社の経営数値について客観的な視点で読み取ります。

 

例えば、売上が前年比で10%落ち込んでいた場合、何が原因で売上が落ち込んでしまったのか、ということを考えます。

どの商品がどの程度販売数が減ったのか、という点まで深く分析すると、会社が抱えている問題点を発見しやすくなります。

 

会社が抱えている問題点を把握する

会社の経営数値を十分に把握したら、会社が抱えている問題点を把握します。

例えば、売上が低下した要因として「市場環境が変化して、自社商品が市場のニーズを満たしていない」ということや、

「競合他社の製品の性能が高く、自社製品が見劣りしている」ということなどが考えられます。

 

また、利益が低下した要因としては、原材料費の上昇などがあげられます。

このように、会社の経営数値を把握することで自社の問題点をピックアップしやすくなります。

そして、自社の問題点を理解することで、問題の改善に向けて取り組むことができます。

 

 

売上アップ、コスト削減で利益確保

会社の経営を改善して利益を確保するためには、売上をあげることとコストを削減すること、この2つを行う必要があります。

それでは、売上を上げてコストを下げるにはどのような方法をとれば良いのでしょうか。

自分だけでは不安だという方は、事業を再生することを専門とする事業再生士に頼るのも一つの手かもしれません。

関連:事業再生士とは?仕事内容や役割、クライアントから見た信頼性の有無を詳しく紹介。

 

売上をアップする方法 ニーズを満たす商品の提供

売上をアップさせるために効果的な方法としては、市場のニーズを満たす商品やサービスを提供することがあげられます。

売上が低迷する要因の一つとして、商品やサービスが市場のニーズを満たしていないことについては先述しましたが、

見方を変えれば、市場のニーズを満たしている商品やサービスを提供できれば売上アップが期待できるということです。

 

自社の商品やサービスについて、顧客はどんな意見を持っていて、どんな不満を持っているかということを把握できれば、

不満に感じる部分を改善することで、顧客の支持が得られやすくなります。

 

会社が潰れそうな状況に追い込まれている場合は、新商品や新サービスの開発が難しい場合がありますが、

既存の商品やサービスを見直し、利用しやすいように改善することで、顧客の支持が見込みやすくなるために売上の増加が期待されます。

 

営業で自社商品の認知度を高める

また、営業によって自社商品の認知度を高めることも、売上アップにおいては有効な手段といえます。

商品やサービスの質が高いとしても、それらの認知度が低ければ売上は期待しにくい状態となりますが、

見方を変えれば、質の高い商品の認知度が高ければ、十分な売上が期待できるということです。

 

営業において効果を高めるためには、自社商品を必要とする顧客層を明確にし、ターゲットを絞ったうえで効率的な営業を行うことが効果的といえます。

また、営業の担当者が営業に関するノウハウを熟知していれば、商品の販売数をより増やすことも可能となります。

売上を高めるためのポイントとしては、商品の質を高めたうえで、その商品を必要な顧客に営業していくことに尽きます。

 

コストを下げる方法 さまざまな経費の削減

コストを下げるためには、事務経費や光熱費など、さまざまな経費を削減することが一般的です。

具体的には、社内向けの文書に裏紙を使用すること、書類を印刷する場合は両面に印刷すること、

エアコンの設定温度を適切な温度に設定し、エアコンフィルター掃除を定期的に実施することなどがあげられます。

 

これらのことは、経費削減においては効果はさほど大きくないといえるものの、会社全体で取り組めば十分な節約効果が期待できます。

また、従業員全体にコストを削減する意識を持たせることも有効な手段です。

従業員に対し、単に経費削減の方法を指示するだけでは経費削減の効果が期待しにくくなりますが、

従業員にコストを削減する意味を説明することによって従業員としてはコスト削減の目的が理解できるため、コスト削減に取り組みやすくなります。

 

経費の削減が困難な場合、人件費の削減も視野に

各種の経費を削減しても利益の増加が見込めない場合は、人件費を削減することも視野に入れなければなりません。

人件費を削減する場合、最初に行うべきことは残業時間の見直しです。

いかに時間内に作業を終了させるか、ということを社内全体で徹底することによって残業代が削減できます。

 

それでも経費の削減が進まない場合は、人員整理も検討しなければなりません。

人員整理を行う場合は希望退職者を募ることから始めます。

それでも退職に応じる人が少ない場合は、「退職勧奨」または「指名解雇」で人員整理を進めなければなりません。

従業員を解雇することは、経営者としては苦渋の決断といえますが、企業を存続させるためにはやむを得ない判断となります。

 

潰れそうな場合の対策は?-M&Aで譲渡先を探そう!-

会社が潰れそうな状況にある場合、経営者としてはあらゆる手段で会社の立て直しを図りますが、

それでも力が及ばず、潰れることが避けられない状況に追い込まれることもあるでしょう。

そのような場合、経営者としてはどのような対策を立てれば良いのでしょうか。

 

あらゆる手を尽くしても会社が潰れてしまいそうな場合、とるべき対策としては、M&Aで譲渡先を探す方法があげられます。

関連:M&Aとは?4つの種類と手続き・費用といった基礎的な事項をわかりやすく解説。

 

そこで気になる点としては、「経営が思わしくなく、赤字であっても会社は売却できるかどうか」ということではないでしょうか。

譲り受けする側の企業としては、一般的には経営状態の良い会社を譲り受けたいと考えるところですが、場合によっては経営が思わしくない会社であったとしても譲り受けることがあります。

例えば、譲渡を考えている会社が製造業である場合、製品を製造するノウハウが優れたものであるならば、業績が不振な会社であったとしても、

譲り受けする側の企業がそのノウハウに価値を見いだせばその会社を買収したいと考えることでしょう。

関連:赤字会社の売却は可能なのか? 売却する4つの方法を解説。

 

会社の価値を判断する場合、資産や負債の額、売上高や利益の額など、あくまでも表面的な数字だけに着目する場合があります。

しかし、会社の本当の価値というものは表面的な数字だけでは判断できないものであり、その会社の現場を観察することで、本質的な価値がみえてくる場合があります。

 

例えば、製品製造のノウハウのほか、従業員の業務レベルの高さや長年にわたって培ってきた信用力などです。

経営が思わしくない会社であったとしても、日頃から営業努力を積み重ねてきた会社であるほど、経営状況にかかわらずM&Aによる譲渡が成立しやすくなります。

 

当サイトでも推薦している「会社即売.com」は赤字でも、個人保証があっても積極的に買収する買い手を抱えています。

また、売却完了まで完全手数料無料で最短10日で売却することが可能です。

気軽に相談してみることをおすすめします。

 

 

 

まとめ

会社が潰れそうになった場合は、できる限りの経営努力を行うことが大切ですが、

それにもかかわらず、会社が潰れる状態に追い込まれてしまうこともあります。

 

事業を継続させていくためには、M&Aを利用する方法もありますが、

M&Aで会社がスムーズに譲渡されるためには、日頃から会社の技術やノウハウ、従業員の質を高めておくことが重要といえます。

 

関連:会社の破産とは?必要な手続きと費用から経営者まで徹底解説!

 

ー事業承継を考えている方へー

・会社を事業承継したいけど方法がわからない。

・事業承継をする相手を探したい。

こんな問題を解決できるサービスが「会社即売.com」です。

事業承継には様々な選択肢があります。親族間の承継、会社を他社に譲渡するなど。

・引退後の資金の獲得
・個人保証からの解放
・育てた会社の事業継続

上記を実現するべく、手数料無料で素早く売却できる「会社即売」にまずは相談してみましょう。

 

▷▷「会社即売.com」の詳細へ

-破産による手続きと対策方法

Copyright© 事業承継プロフェッショナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.