GCAが持つ独自の強みとは?海外進出を目指す企業から人気が高い理由を解説。

GCAが持つ独自の強みとは?海外進出を目指す企業から人気が高い理由を解説。

M&A仲介業者

GCAが持つ独自の強みとは?海外進出を目指す企業から人気が高い理由を解説。

日本国内に限らず、アメリカやヨーロッパにも拠点を持って活動しているM&Aアドバイザリー会社として高く評価されている仲介会社がGCAです。

数多くのM&A仲介会社が台頭を見せている昨今、なぜGCAはここまでの注目を集め、多くのクライアント同士を協力関係へと導くことができているのでしょうか。

 

GCAの概要や強みをじっくりと記しながら、どういった点に期待できるM&A仲介会社なのかを解説していきます。

 

GCAの成り立ち

GCA株式会社は2004年4月に誕生すると、2006年には東証マザーズ上場を果たし、さらにその翌年にはGCAホールディングス株式会社へと称号を変更しました。

2008年にはアメリカのSavvian LLCとの経営統合が決まり、東証マザーズからGCAホールディングスは上場廃止となります。

 

しかし、すぐにGCAサヴィアングループ株式会社として新規上場すると、2012年には東証一部に市場変更し、ステップアップを果たしました。

同年には純粋持株会社から事業会社に移行し、2013年にGCAサヴィアン株式会社に商号変更し、2016年にはGCA株式会社に再度称号を変更して現在に至っています。

 

2019年現在は、イスラエルやヨーロッパに拠点を持つAltiumとも経営統合を行い、10ヵ国に拠点を持つ巨大な組織として広く知られる存在です。

 

GCAの特徴

GCAが特徴としているポイントとしては、日本国内の企業同士を結び付けるのではなく、グローバルなM&Aアドバイザリーに焦点を当てているという点です。

海外資本が強い昨今において、より大きなビジネスチャンスは国外に眠っていますが、自力でM&Aの相手先を国外から見つけるという作業は非常に困難でしょう。

 

そこでGCAを介入させることによって、これまで多くのクロスボーダーM&Aを実現させてきたノウハウを借り、より好条件なM&Aを成立させることが可能になるのです。

単純な条件面だけではなく、理想やビジョンといった側面においても、国外の企業を選択肢に含ませることによって、よりマッチングの中身を濃くできます。

 

クライアントの価値を高める包括的なサービス

GCAが理想とするM&Aサービスは、経営全般を見据えた長期的なプロジェクトであり、クライアントが成長するための手段としてM&Aを提案するというスタイルです。

そのため、すべての企業に対し、売却や買収、非公開化案件、買収防衛、グループ再編、事業再生など、さまざまな分野のアドバイスを包括的に行っています。

 

国や地域によって法務や会計、財務は異なりますが、これらの知識を備えたスタッフを擁するGCAであれば、各セクションで適切なアドバイスを受けることが可能です。

日本市場への進出をずっと狙っている有力企業と取引を結ぶチャンスを逃さず、クライアントの海外進出・国際展開を実現させています。

 

東証一部上場企業という信頼感

既にお伝えしているとおり、GCAは東証一部上場企業という強い肩書きを持っており、国内でも最高レベルのM&A仲介会社であることがわかります。

また、GCAは、M&A事業者として初めて東証への上場が認められた企業でもあり、選び抜かれたまさしくトップ中のトップとも言える仲介会社です。

 

東証一部という看板を背負っているからこそ、多くのクライアントを引き付けているとも考えられ、ビジネスチャンスは増加の一途を辿っています。

 

戦略コンサルティングチームが徹底サポート

M&Aの成立はゴールではなく、国内外の強豪に新体制で立ち向かうためのスタートという意識を持っていることがGCAならではの哲学です。

そのためには、世界情勢や技術革新に関する情報を常にアップデートすることが必要ですが、これらは戦略コンサルティングチームから徹底したサポートを受けることができます。

 

チェンジドライバーの抽出、戦略的なオプションの考案、実行シナリオオプションの整理、そしてM&A相手の検索や成立のタイミングなどを一任することが可能です。

インオーガニック成長という結果を成し遂げるためのM&Aに臨めるという点が、GCAが持つ独自の魅力と言えるでしょう。

 

PMIコンサルティングによりM&A成立後も円滑

M&Aを円滑に成立させるためには、交渉段階から経営ビジョンを統合させたり、ビジネスモデルを再検討したりといった地道な作業が求められます。

内部に関しても、ITの統合、そして人事モデルの再設計といった作業が必要であり、これらを統合計画としてまとめ上げ、一気に舵を切らなければなりません。

 

こういった突然の大きな変化が起こると、そこで働く人々の感情が動きやすく、思わぬトラブルに発展してしまう可能性もあります。

そこでGCAでは、総合の現場から賛同と協力を得るための方法論を導き出し、意識改革やコミュニケーション戦略として落とし込むことにまで全力を注いでいます。

 

多方面からの支援を受けられることにより、M&A成立後の付き物とも言える内紛を未然に防ぎ、会社に関わるすべての人材が有益な将来を迎えるための準備を整えられるのです。

 

GCAによる成功事例と評判、口コミ

GCAの評判は、とくに大企業の経営者からの評価が高いことが印象的であり、大規模な経営戦略の一環としてM&Aを目指せるという評判が目立っています。

海外展開に強いという点を魅力として捉えている経営者は多く、国外の有力企業と強力なタッグを組めるという点が、GCAを利用するうえでのメリットになっている様子です。

 

また、企業の規模が大きければ大きいほど、従業員同士の摩擦が大きくなるというリスクを孕みますが、GCAはこれらのリスクを除去するためのマネジメントも行っています。

これらのポイントを押さえていることから、GCAは大企業との相性が非常によく、実際に行われた取引を見ても、規模の大きな企業同士の結び付きは頻繁に見られます。

 

具体的には、ニューヨークやロンドンのほか、上海やシンガポールなどアジアの市場にも拠点を置いており、地域に縛りが設けられることもなく多彩なM&Aを実現させることが可能です。

 

目先の利益だけに流されないことも高評価

M&Aを実現させるとき、目先の利益だけに流されてしまうような取引を選択してしまう企業も多く、後悔を招いてしまうようなケースは珍しくありません。

仲介会社としても、取引をまとめるために強引な手法を用いたり、経営者を無理やり説得したりといった姿勢を強めるという手段に訴えてくる場合もあります。

 

しかし、GCAは、第一に独立系のアドバイザリー会社であることから、しがらみのない取引を提供してくれるといったポジティブな評価が目立っています。

CGAは、M&Aで結び付く双方の企業が永続的な利益を生み出せることを重視しているため、会社の想いを残したまま事業を引き継いでいくことが可能です。

 

これらの姿勢は多くの企業経営者のみならず、社員からも評判がよく、多くの企業から信頼される要因の一つになっています。

 

まとめ

CGAは2004年に設立した比較的新しい企業ですが、M&A事業を行う会社として初めて東証に上場を果たすなど、高い評価を受けてきた歴史を持つ企業です。

特徴的なポイントは、海外とのつながりが強いことを挙げられ、とりわけ大企業と海外の企業とを結び付けるM&Aを得意としています。

 

目先の利益だけを追及するのではなく、将来を見据えた取引を実現させており、双方の従業員が新体制を受け入れるメソッド作りにも定評がある企業です。

ー事業承継を考えている方へー

・会社を事業承継したいけど方法がわからない。

・事業承継をする相手を探したい。

こんな問題を解決できるサービスが「会社即売.com」です。

事業承継には様々な選択肢があります。親族間の承継、会社を他社に譲渡するなど。

・引退後の資金の獲得
・個人保証からの解放
・育てた会社の事業継続

上記を実現するべく、手数料無料で素早く売却できる「会社即売」にまずは相談してみましょう。

 

▷▷「会社即売.com」の詳細へ

-M&A仲介業者

Copyright© 事業承継プロフェッショナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.