M&A仲介の基礎知識

M&A仲介に支払う着手金など手数料の相場とは?M&Aを実施するなら知っておこう!

自社企業を他社の企業に譲渡することを決めたら、M&Aを実施することになりますが、

初めてM&Aを実施するときほど手数料がどの程度かかるのかが気になることでしょう。

 

事前にM&Aにかかる手数料の種類と手数料の目安を理解しておくと、

おおよその費用を把握できるため、M&Aを計画的に進めやすくなります。

 

M&Aで必要な費用の種類とは?

M&Aを実施する場合は着手金や月額報酬、成功報酬などさまざまな費用がかかります。

なお、M&Aの仲介会社によっては、相談料など一部の費用は無料となっている場合があります。

 

M&A仲介で発生する手数料

 

相談料

相談料とは、正式な契約を結ぶ前にM&Aに関する相談を行った場合にかかる費用のことです。

主な相談内容としては、M&Aを実施した方が良いのかということや、M&Aはどのように進めればいいのか、ということなどがあげられます。

相談料の費用の目安は0円から1万円程度であり、相談料を無料としている会社もあります。

 

着手金

着手金とは、M&Aの実施に向けて仲介会社と正式に契約した場合にかかる費用のことです。

着手金は、売却企業の評価に関する資料作成など、M&Aに関する事務処理の費用として使われます。そのため、着手金は一度支払うと返金されない点に注意が必要です。

なお、中には着手金が無料の仲介会社もありますので、M&Aの費用を抑えたい場合は、着手金がかからない会社に依頼することも一つの方法となります。

 

中間金

中間金とは、M&Aの基本合意が締結したときに支払う費用のことです。基本合意とは、買い手側と売り手側の企業の双方がM&Aに合意した状況を指します。

ただし、あくまでも基本合意の段階であるため、最終的な合意に至らずM&Aの交渉が不成立になる場合がありますが、そのような場合であっても中間金は返却されません。

 

デューデリジェンス費用

デューデリジェンス費用とは、財務調査にかかる費用のことです。

財務調査とは、買収する側の企業が買収を検討している企業の財務状況を調査することと、売却する側の企業が自社企業の価値を調査することを指します。

なお、仲介会社によっては、これらの費用は着手金や月額費用に含まれている場合があります。

関連:「デューデリジェンス(DD)」とは何か?種類や流れ、目安の期間に加え、行うべき理由を紹介。

 

月額報酬

月額報酬とは、仲介会社に契約した時点から契約が成立するまでの間、仲介会社に毎月支払うものです。

なお、月額報酬は「リテイナーフィー」と呼ばれることもあります。

月額報酬が発生する仲介会社の場合、M&Aの交渉が長期にわたるほどその費用が高額になるため、可能であれば月額費用がかからない仲介会社を選ぶと良いでしょう。

 

成功報酬

成功報酬とは、M&Aが成立した場合にかかる費用のことです。なお、M&Aが成功しなかった場合は成功報酬を支払う必要はありません。

多くの仲介会社において、成功報酬は売却額に応じて決まる「レーマン方式」が採用されています。

レーマン方式の詳細については後述しますが、売却額が低いほど成功報酬は低く、売却額が高ければ成功報酬も高くなります。

関連:M&A仲介への成功報酬は「レーマン方式」で計算!報酬はいくら?

 

 

M&Aに支払う手数料はどれくらい?

M&Aを実施する場合に気になるのが手数料ですが、ここではそれぞれの手数料の目安についてまとめました。

 

それぞれの費用の目安

M&Aにかかる手数料についてみていくために、上記で説明した各費用の相場を説明していきます。

目安となる価格は以下の通りです。

 

・相談料:0円~1万円
・着手金:0円~300万円
・中間金:50万円~200万円
・デューデリジェンス費用:10万円~200万円
・月額報酬:0円~200万円
・成功報酬:売却企業の総資産の1~5%

 

仮に、成功報酬以外の費用が以下のようにかかったとしましょう。

 

・相談料:1万円
・着手金:100万円
・中間金:150万円
・デューデリジェンス費用:100万円
・月額報酬:1か月あたり50万円、成約まで1年

 

この場合の合計費用は

(1万円+100万円+150万円+100万円+(50万円×12か月)=951万円と計算できます。

 

「レーマン方式」に基づいた成功報酬の計算方法

多くのM&A仲介会社において、成功報酬として採用しているのは「レーマン方式」です。

関連: M&Aの成功報酬は「レーマン方式」で計算!報酬はいくら?

 

レーマン方式とは、簡単に説明するならば、売却額に応じて手数料率が変動する方式であり、売却額が低いほど手数料率が高く、売却額が高いほど手数料率が低くなる仕組みです。

売却額に対する手数料の割合は各企業によって異なりますが一般的なものとしては以下の通りとなります。

 

・売却額5億円以下の部分:手数料率 5%
・売却額5億円超~10億円以下の部分:手数料率4%
・売却額10億円超~50億円以下の部分:手数料率3%
・売却額50億円超~100億円以下の部分:手数料率2%

 

レーマン方式を図解

レーマン方式で計算する場合に気をつけたいことは、単純に売却額を手数料率で掛けるのではなく、それぞれの売却額の部分に分けて計算していくことです。

売却額が4億円であれば、手数料率は5%なので、成功報酬は(4億円×5%)=2000万円となります。

売却額が200億円の場合は以下のように計算します。

・5億円×5%=2500万円
・(10億円-5億円)×4%=2000万円
・(50億円-10億円)×3%=1億2000万円
・(100億円-50億円)×2%=1億円
・(200億円-100億円)×1%=1億円

 

成功報酬額は(2500万円+2000万円+1億2000万円+1億円+1億円)=3億6500万円となります。

 

着手金・月額報酬偏重型と成功報酬偏重型の違いとは?

M&Aを実施する場合はさまざまな費用がかかりますが、「着手金・月間報酬偏重型」と「成功報酬偏重型」の2種類があります。それぞれの違いについてみていくことにしましょう。

着手金・月額報酬偏重型とは?

着手金・月額報酬偏重型とは、M&Aの仲介会社と契約した際に支払う「着手金」と、M&A仲介会社を利用している場合に毎月かかる「月額報酬」を支払って利用するタイプのことです。

M&Aの仲介会社に着手金を支払う理由としては、会社を譲渡する側、会社を買収する側の両者がM&Aに真剣に取り組んでいることを示すことができる点です。

 

また、M&A仲介会社が着手金を受け取ることによって、その費用を活用し、相手先企業の情報を詳細に収集することが可能となります。

着手金や月額報酬を無料にしている仲介会社もありますが、企業同士の効果的なマッチングを望むのであれば、着手金や月額報酬を支払うことが有効といえます。

 

成功報酬偏重型とは?

成功報酬偏重型とは、着手金や月額報酬が無料であり、M&Aの基本合意が成された時点や、M&Aの最終合意に至った場合に報酬を支払う仕組みのことです。

成功報酬偏重型を取り入れるメリットは、M&Aの合意が成されるまで費用が発生しない点です。

 

そのため、企業の譲渡を検討している立場としては、譲渡先の企業が見つかるまでの間、着手金や月額報酬の費用を気にせずに済みます。

また、成功報酬偏重型は各種の合意に基づいて費用が発生することから、分かりやすい料金体系といえます。

 

おすすめなのはどちらのタイプ?

M&Aを検討している企業としては、「着手金・月額報酬偏重型」と「成功報酬偏重型」のどちらを利用すれば良いのか迷うのではないでしょうか。

それについては、M&Aの目的を明確にしておく必要があります。

 

「着手金・月額報酬偏重型」と「成功報酬偏重型」

M&Aにおいて良い条件での成約を目指したいのであれば、「着手金・月額報酬偏重型」が適しているといえるでしょう。

着手金や月額報酬を支払うことによって、M&Aの仲介会社は相手先企業に対する綿密な調査を実施し、相談を受けた企業に対して適切な企業を紹介しやすくなるためです。

一方、M&Aを実施したいものの、費用が高くて二の足を踏んでいる企業や、M&Aの費用をできるだけ抑えたいというのであれば、「成功報酬偏重型」が適しています。

 

着手金はM&Aの基本合意が成される前に支払う費用となりますが、

企業の中にはこの費用が心理的なハードルとなってしまい、M&Aを実施した方が良い場合でもM&Aの実施に踏み切れない場合があります。

その点、成功報酬偏重型で初期費用を抑えられれば、M&Aに対する心理的なハードルは下がり、M&Aに取り組みやすくなるメリットがあります。

 

着手金・月額報酬から成功報酬まで完全無料のM&A仲介会社とは?

今まで見てきた通りやはりM&A仲介を活用すると相応の手数料が発生することがわかりました。

中小企業においては資金が潤沢にあるとも限らず、できれば費用はゼロで抑えたいと考えている経営者の方が多いと思います。

 

M&A仲介の中には中小企業の事業承継を専門として、相談から成約まで完全手数料を無料にしているところも存在しています。

中でも当サイトでもおつすめしている「会社即売.com」は完全無料なだけでなく売却成功までの速度に定評があります。

 

「会社即売.com」では強力な買い手が控えているため、最短でも10日以内で赤字会社でも売却を完了することが可能です。

詳しくは以下でお伝えしていますので参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

まとめ

M&Aを実施する場合、仲介会社に支払う額はまとまった金額となりますが、

譲渡する側の企業と買収する側の企業が適切にマッチングできることを考えれば、手数料額は適切といえるのではないでしょうか。

M&Aを実施したいと考えている場合は、M&Aの仲介会社に相談して、適切なアドバイスを受けながら納得のいくM&Aを実現させましょう。

 

関連:会社売却の強い味方であるM&A仲介業者とは?メリットから選ぶポイントまでを紐解く!

ー事業承継を考えている方へー

・会社を事業承継したいけど方法がわからない。

・事業承継をする相手を探したい。

こんな問題を解決できるサービスが「会社即売.com」です。

事業承継には様々な選択肢があります。親族間の承継、会社を他社に譲渡するなど。

・引退後の資金の獲得
・個人保証からの解放
・育てた会社の事業継続

上記を実現するべく、手数料無料で素早く売却できる「会社即売」にまずは相談してみましょう。

 

▷▷「会社即売.com」の詳細へ

-M&A仲介の基礎知識

Copyright© 事業承継プロフェッショナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.