第三者承継・会社売却

中小企業経営者が鬱(うつ)になりやすい理由とは?苦悩から解放される方法を紹介する!

中小事業者の経営者を対象としたメンタルヘルスの意識調査」によると中小企業の経営者は事業によって大変なストレスがかかっていることがしめされています。

 

最近ストレスを感じたことがある者:77.0%
経営上の問題にストレスを感じた者:69.5%

 

確かに筆者自体も会社を経営した経験がありますが、収益、資金繰り、従業員、取引先とストレスとなる火種は常にくすぶっていました。

また同調査では経営者の孤独さも浮き彫りになっています。

 

経営者は結局、孤独である:47.0%
メンタルヘルスは自分で管理すべき問題:71.4%

 

経営者はなかなか悩みをもっていても相談することができず、自分で抱え混んで鬱になってしまう方も多いのです。

本日は会社経営者が鬱になってしまう原因と、解消する有効な方法についてお伝えしていきたいと思います。

 

最初に有効な方法について先出ししておくと「会社を売却する」ということが挙げられます。

「会社を売却する」という選択肢は決して逃げではなく、後ろ指を指されることではないです。

むしろ、他の人や会社がお金を出して購入したいという価値のある会社を育て上げたことを意味するのです。

 

当サイトでも推薦している「会社即売.com」は最短10日以内に売却が可能となっています。

個人保証がある方も、赤字で悩んでいる方も売却できるチャンスがあります。

頭を抱えている方は是非、一考してみることをおすすめします。

 

会社即売.com

 

中小企業経営者が鬱になる原因とは?

中小企業経営者が鬱になる原因についてお伝えしていきたいと思います。

収益プレッシャーが大きい

会社を運営していくのには当然、運転資金が必要となります。

常に売上をたて、収益を出し続けなければいけないというのは大きなストレスです。

 

筆者も依然会社を経営していた時は、定期的に収益が大幅に落ち込み頭を抱えました、

もともとサラリーマンをしていた経験もあるのですが、サラリーマン時代は会社で嫌なことがあっても、失敗しても毎月決まった金額の給与が支払われます。

しかし、会社を経営している場合は自力で稼がないといけないのです。

 

会社が収益が出ない時の不安は経験したことがある人しか分からない胸の圧迫感がありますよね。

筆者をあげていた案件が突然消失した時は、目の前が真っ暗になり数日間何も考えられない状態になりました。

 

正直、収益さえ出ていれば悩みの殆どは払拭されることと思います。

それほどまでに経営者にとって収益の堅調さは重要なファクターなのです。

関連:赤字事業の会社は売れるのか? 買収価格に影響する要因と売却を成功させるために必要な施策を解説。

 

資金繰りの問題。時には黒字倒産もありうる?

しっかりと収益が出ていたとしても残念ながら倒産してしまう企業があります。

関連:黒字なのに倒産?会社経営の不思議・原因と対策を探る!

 

黒字倒産という言葉を聞いたことがある方はおおいのではないでしょうか?

実は倒産する企業の約半分が黒字であるにも関わらず倒産しているのです。

 

倒産企業の黒字、赤字比率

参照:東京商工リサーチ

 

たとえ収益がでていても、今月の支払いができなければ倒産になってしまいます。

しっかりとキャッシュがいつ入ってきて、キャッシュアウトがいつ出るのかと言う点を把握しておかないといけないのです。

 

取引先への支払い、従業員への給与、レント、といった日々の支出は経営者の頭を悩ませている種となっています。

 

個人保証があり会社をたためない

会社をたたみたいけど借入金の返済の目処がたたない。

個人保証をつけていしまっているので、会社をたたむと自分の負債になってしまうと手詰まりになってしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

中小企業の場合、借り入れの際に経営者個人が連帯保証人となっている場合があります。

このような場合、手詰まりとなってしまい経営から手をひくことができません。

経営が赤字の場合、刻一刻と深刻になるにも関わらず進退きわまり鬱になってしまう人もいます。

関連:会社の借金を肩代わり?中小企業の社長の「個人保証」を回避する方法を解説。

 

後継者がいない

経営が順調にいっていても後継者がいない方も多く存在しています。

実際中小企業約380万社のうち245万社が後継者不在という深刻な状況になっているのです。

2025年に廃業の危機に陥ってる中小企業数

参照:中小企業・小規模事業者における M&Aの現状と課題

 

折角、今まで守り育ててきた会社を誰にも引き継ぐことができないというのは虚しい気持ちになりますよね。

子息がいたとしても、必ずしも子息が事業承継に前向きとは限りません。

後継者問題で頭を抱えている経営者の方も非常に多いのです。

関連:大廃業時代とは?中小企業の跡継ぎを含めた後継者不足問題の深刻さと有効な対策。

 

相談相手がいない

悩みを抱えていても相談する相手がいれば鬱になる可能性はぐっと低くなります。

今まであげたような経営者としての苦悩を一人で抱えこんでしまうと、いつか自分の心のキャパシティを超えてしまうのです。

 

ただ、最初の統計でもお伝えした通り経営者は孤独であると答えてた方は半数近くにのぼっています。

孤独な経営者は鬱になる可能性も当然高くなります。

 

会社売却で経営の苦悩から解き放たれよう!

今まで上げてきた苦悩を個別に解決していくには、最初にあげた収益を劇的に改善する必要があります。

ただ、どうしても現在の環境や手元資金やリソースでは難しいという場合もあるでしょう。

 

そのような経営者の方におすすめしたいのが「会社売却」という選択肢です。

会社売却で今まであげた全ての苦悩から解き放たれることができます。

 

【収益プレッシャー】

会社を売却することで収益プレッシャーからは解き放たれることになり自由の身となります。

更に資金まで売却資金まで獲得することができます。

 

【資金繰り】

まさに買収する側が一番欲しい企業は事業基盤は確立されているのに資金難に陥っている企業です。

資金を注入するだけで更に飛躍することができるので積極的に買収に動きます。

 

【個人保証】

会社を売却する際に個人保証までまとめて外すことができます。

赤字であっても買い手がつくことは多々あります。諦めてはいけません。

 

【後継者がいない】

まさに会社売却は事業承継の救世主として注目されています。

会社を相続させるのは親族や従業員だけではありません、貴方の会社に価値を感じる第三者に譲渡するのも立派な事業承継ないのです。

価値ある貴方の会社を将来に存続させましょう。

関連:事業承継における会社売却の魅力を解説!後継者がいない場合は第三者への承継を検討しよう。

 

【相談相手がいない】

会社を売却する際の仲介会社は貴方の会社によりそって話を聞いてくれます。

会社売却の専門家というだけでなく良き相談相手になってくれるのです。

 

 

 

最後の相談相手の項目でもでましたが、会社を売却する際には基本的にM&A仲介に相談をします。

一言にM&A仲介といっても様々で、扱う金額規模、扱い業種、手数料、速度という面で大きな違いがあります。

 

中小企業の方に圧倒的におすすめできるのが「会社即売.com」です。

会社即売の特徴をあげると以下となります。

 

 

【会社即売の特徴】

金額規模:どれだけ小さい企業でも相談可能
収益水準:赤字であっても相談可能
個人保証:個人保証を外した状態で購入することも可能

 手数料:相談から売却まで完全無料
即時性:最短10日以内で売却実績あり

 

まさに会社経営で悩まれている経営者の救世主となるM&A仲介といえるでしょう。

 

 

相談から最後まで売り手は完全無料ですので頭を抱えている経営者の方は相談してみるとよいでしょう。

 

まとめ

会社を経営していると、様々な悩みにぶつかり鬱になってしまう方も多く存在します。

誰にも相談することができず、一人で抱え込むことで事態は刻一刻と深刻になっていきます。

 

会社経営による苦悩は会社売却を視野にいれることで全てを解決することが可能となります。

悩んでいることを素直に仲介会社に話してみて、最良の結果を得ることも可能なのです。

新たな可能性を視野にいれて動き出してみてはいかがでしょうか?

ー事業承継を考えている方へー

・会社を事業承継したいけど方法がわからない。

・事業承継をする相手を探したい。

こんな問題を解決できるサービスが「会社即売.com」です。

事業承継には様々な選択肢があります。親族間の承継、会社を他社に譲渡するなど。

・引退後の資金の獲得
・個人保証からの解放
・育てた会社の事業継続

上記を実現するべく、手数料無料で素早く売却できる「会社即売」にまずは相談してみましょう。

 

▷▷「会社即売.com」の詳細へ

-第三者承継・会社売却

Copyright© 事業承継プロフェッショナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.