赤字事業の会社は売れるのか? 買収価格に影響する要因と売却を成功させるために必要な施策を解説。

赤字事業の会社は売れるのか? 買収価格に影響する要因と売却を成功させるために必要な施策を解説。

第三者承継・会社売却

赤字事業の会社は売れるのか? 買収価格に影響する要因と売却を成功させるために必要な施策を解説。

 

社長や事業オーナーが、会社の事業譲渡や株式譲渡など売却を考える時に、悩みとして多いのが「赤字会社でも売却は可能なのか?」というものです。

 

むしろ、赤字で苦しいからこそ売却して個人保証や経営の苦悩から解放されたいと思う経営者の方も多いのではないでしょうか?

しかし、赤字の会社が売却できるのか心配になってしまう方が殆どかと思います。

 

赤字会社だから売れるはずがない」と売却を諦めてしまっている経営者の方もいらっしゃることでしょう。

今回は赤字会社の売却は可能なのかどうか、売却できるとすればその方法はどのようなものなのかについてご説明します。

 

赤字会社でも売却は可能なのか

赤字会社でも会社の売却(事業譲渡、株式譲渡)は可能です。

必ず売却できるとは限りませんが、赤字会社であることから、一概に売却が不可能であるとは限りません。

 

この点は最初に正しい理解を持つことが重要です。

確かに経営が順風満帆な会社に比べると、難易度が高いのも事実でしょう。

 

しかし、中には買収後に経営のプロによって改善することで業績を改善させることができるケースもあります。

また、自社の技術と掛け合わせることで相乗効果を生み、利益を拡大させることができると考える買収企業も存在しているのです。

 

赤字会社の定義とは

そもそも赤字会社の定義とはどういったものなのでしょうか。

明確な定義はありませんが、大きく分けて赤字会社にも以下の通り2種類があります。

 

損益計算書が赤字の会社

損益計算書(PL)が赤字の会社は経営に難があることを意味しています。

正しい経営ができているにも関わらず赤字なのであれば、あまり価値の高くない会社だと判断されてしまいます。

参入する市場の選定が誤っていたり、競合他社に勝てていないなどと、判断を下されてしまうのです。

 

これはつまり、売却しにくい赤字会社に分類されます。

 

中小企業庁の調査によると、後継者不足の中小企業のうち半数が赤字となっています。

 

 

ただ、少し組織再編など経営を方向転換したり、買収側の企業の技術や運営でシナジーを発揮して、黒字にすることができる会社も数多く存在しています。

 

運転資金が不足している会社

運転資金が不足していることで赤字の会社は、手持ちの資金に難があることを示しています。

 

つまり、資金が不足していることで正しい経営ができていない可能性があるのです。

このような会社の場合、資金を投入することで会社の価値が高まる可能性があります。

 

つまり、会社売却しやすい赤字会社に分類されます。

潤沢な運転資金があれば、積極的に投資して人材確保したり、技術開発を進めていけば、実は市場独占できる企業とは山ほど存在するのです。

 

関連記事:黒字なのに倒産?会社経営の不思議・原因と対策を探る!

 

赤字会社でも売却可能だが難易度は高め

赤字会社でも売却は可能です。

ただ、黒字会社と比較すると難易度は高めであることは先に触れました。

 

買収する側の企業も、売り上げやキャッシュフローを買収によって「足し算」できる黒字会社買収の方が良いに決まっているからです。

 

赤字会社の場合は経営や資金調達など、テコ入れが必要な分、買収側の会社にとって、それはコストなのです。

 

売却の手続きなどに大きな差はありませんが、売却が成功するかどうかには大きな差があります。

 

赤字会社のほうが売却に失敗してしまう可能性は高まります。

売却は可能ではありますが、乗り越えるハードルは高いなど難易度が高くなる可能性があることは理解しましょう。

 

赤字会社を売却する4つの方法

赤字会社を売却するには4つの方法があります。

これらについて以下ではご説明します。

株式譲渡

赤字会社を売却する方法の中でも特に簡単で採用される機会も多いものが株式譲渡です。

株式譲渡はその名のとおり、売却先に保有する株式を譲渡(売却)するものです。

 

株式譲渡を図解

 

株式を売却すると経営権が委譲されますので、それを持って会社の売却が完了したとみなすものです。

株式譲渡で赤字会社を売却すると、売却に関連する手間などが大きく削減できます。

 

全く手間がかからないわけではありませんが、簡単な手続きで売却が完了する点がメリットです。

 

関連記事:

 

事業譲渡

事業譲渡も赤字会社の売却方法として挙げられます。

株式譲渡とは異なり、事業譲渡は特定の事業だけを売却するものです。

 

例えば収益性の高い事業だけを売却したり、買い手が欲しがる特定の分野に特化した事業だけを売却したりします。

事業譲渡の場合、赤字会社は完全に無くなるのではなく事業譲渡した部分以外は残る形となります。

 

ただ、赤字会社側は事業譲渡をした金額だけ収益を得ています。

これを利用して赤字を解消したり、場合によっては赤字を解消するための事業投資をしたりして経営の改善を目指します。

 

合併

売却のイメージは無いかもしれませんが、合併による売却も方法としては挙げられます。

現存する他社に吸収してもらう形で売却することもありますし、新しい会社を立ち上げる形で売却することもあります。

 

関連記事:「吸収合併」と「新設合併」とは?合併のメリットとデメリットと合わせて解説。

 

赤字会社を合併で売却する場合には、前者の手法が多いはずです。

合併では資産や負債を全て1つの会社に統合します。

 

赤字があればそのまま新しい会社へと引き継がれます。

 

事業分割

事業譲渡ではなく事業分割も売却方法として挙げられます。

こちらは赤字会社が抱えている事業を分割して、売却先の新事業としたり新しい会社を立ち上げたりするものです。

 

関連記事:

 

事業を売却して直接収益を得るものではなく、事業を分割することで株式などの対価を得る仕組みです。

不採算事業がある場合には、事業を分割することで見かけ上の赤字が解決されることがあります。

 

その後必要に応じて発行された株式などを売却することで、借入金を返済するための資金とすることも可能です。

 

赤字会社をスムーズに売却する3つの方法

赤字会社をスムーズに売却するためには3つの方法があります。

このポイントを意識しておくことで、売却できる可能性が高まりますのでよく確認しておきましょう。

 

会社の将来性を高めておく

会社の将来性を高めておくことが何よりも重要です。

赤字会社ではあるものの、資金を投入すれば将来的に価値の高い会社になると買い手に思わせることが重要です。

 

買い手も将来性の無い会社の売却依頼に手を出したりしません。

将来性があるからこそ買い取ろうとするわけです。

 

そのため、売却する側も買いたいと思えるように、将来性を高めておくことがポイントです。

 

人材や技術など無形資産の価値を高めておく

会社の価値は様々な観点から評価できます。その中には人材や技術などの無形資産も含まれています。

これらの価値を高めておくこともポイントです。

 

無形資産の価値を高めておく

 

例えば、長く勤めている人がいれば、会社の内部事情をよく理解している人がいると判断できます。

売却するにあたりこのような人材の存在はプラスに働きます。

 

また、業界でトップクラスのスキルを持つ人材を保有しているなど、技術や知識に長けた人材の存在もプラスに働きます。

ただ、無形資産の価値は一長一短に高められるものではありません。

 

会社の売却を決めた段階から、これらを高める努力をしても実現することは難しいでしょう。

そのため、会社売却を考えているのであれば、これらは計画的に高めて会社自体の価値を高めておくことがポイントです。

 

収益性の高い事業を持っておく

収益性の高い事業を持っておくこともポイントです。

赤字会社の場合でも収益性の高い事業を持っていることは多々あります。

 

これを最大限活かすこともポイントです。

会社売却では、この収益性の高い事業が目的とされていることがあります。

 

純粋に収益をいめるために買収されることもありますし、自社の事業と組み合わせてさらなる収益を得るために買収されることもあります。

収益性の高い事業を持っている場合、それが売却交渉の武器にもなりえます。

 

何かしら収益性の高い事業があれば、それを活かした売却を進めることがポイントです。

 

赤字会社の売却にはタイミングも重要

赤字会社の売却は黒字会社の売却よりもタイミングが重要です。

この点も意識しておくと良いでしょう。

 

例えば時代の最先端を追うような会社であれば、赤字会社で経営難に陥っていても売却できる可能性は十分にあります。

スキルやノウハウを手に入れるために、買収に手をあげる会社が出てくる可能性は考えられるのです。

 

会社を売る際のタイミングの重要性

 

しかし、時代に追いつかれてしまうとスキルやノウハウの価値が薄れてしまい、赤字会社では売却できない可能性が出てきます。

業界や業種によって、赤字会社でも価値が高いと感じられるタイミングがあります。

 

そのようなタイミングを見計らって、赤字会社は売却することが重要であると考えられます。

売却する際にはM&A仲介の力を頼るのが一般的です。

M&A仲介の中には最初に紹介した「会社即売.com」のように売り手の手数料は完全無料の会社もありますので、気軽に問い合わせてみるとよいでしょう。

 

関連記事:中小企業の事業承継に適したおすすめのM&A仲介会社を紹介

 

まとめ

赤字会社は黒字会社と比較すると売却の難易度が高いものです。

ただ、全く売却ができないわけではなく、買いたいと思わせることで売却は可能です。

 

売却をするために4つの方法があります。

そのため、どの方法が適切であるのかは検討しなければなりません。

 

また、それと併せて売却をスムーズに成功させるために、赤字会社でも価値を高めておくことが重要です。

赤字会社は売却ができないわけではありません。

 

適切な対応をして、売却を成功させることを意識して進めてみましょう。

 

関連:事業承継における会社売却の魅力を解説!後継者がいない場合は第三者への承継を検討しよう。

 

 

ー事業承継を考えている方へー

・会社を事業承継したいけど方法がわからない。

・事業承継をする相手を探したい。

こんな問題を解決できるサービスが「会社即売.com」です。

事業承継には様々な選択肢があります。親族間の承継、会社を他社に譲渡するなど。

・引退後の資金の獲得
・個人保証からの解放
・育てた会社の事業継続

上記を実現するべく、手数料無料で素早く売却できる「会社即売」にまずは相談してみましょう。

 

▷▷「会社即売.com」の詳細へ

-第三者承継・会社売却

Copyright© 事業承継プロフェッショナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.