山田ビジネスコンサルティングの特徴は?速やかなM&A成立を実現させる要因を紹介。

山田ビジネスコンサルティングの特徴は?速やかなM&A成立を実現させる要因を紹介。

事業コンサルティング系M&A仲介会社

山田ビジネスコンサルティングの特徴は?速やかなM&A成立を実現させる要因を紹介。

1,000名以上という非常に多くの専門家が在籍し、事業コンサルティングとM&Aを実行している企業として、山田ビジネスコンサルティングは非常に有名です。

アジアを中心とした海外に拠点を持つことでも知られている企業ですが、山田ビジネスコンサルティングを活用すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。

 

企業としての歴史や成り立ちを振り返りながら、山田ビジネスコンサルティングの特徴や強み、そしてクライアントからの評判にも迫り、徹底的に解説していきます。

 

山田ビジネスコンサルティングの成り立ち

山田ビジネスコンサルティングは、税理士法人を前身として持つ1989年7月創業の会社であり、東証一部上場企業として高い知名度を誇っています。

本店は東京都千代田区丸の内に構えており、経営コンサルティング事業を筆頭に不動産コンサルティング、教育研修、投資・ファンド事業も手掛ける規模の大きな企業です。

 

全国各地に12の拠点を持っているほか、上海、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア、アメリカにも拠点や現地法人を構えています。

グループ企業は、山田ファイナンシャルサービス株式会社など複数の会社を擁し、各セクションにおけるノウハウを結実させた取引を実現させています。

 

山田ビジネスコンサルティングの特徴

山田ビジネスコンサルティングが最大の強みとして押し出しているのが、企業や組織の課題に対してワンストップな対応を可能にしている、企業としての総合力です。

事業のスタートアップから持続的成長、事業再生に至るまで、さまざまな局面で有益なコンサルティングを実施する能力を山田ビジネスコンサルティングは備えています。

 

その過程において発生する組織の課題や問題といった点にも、ノウハウを生かした対応を行っており、事業の妨げとなる問題の解決が可能です。

M&A、資本提携に関するスタンスは、戦略の一環として選択肢に加えることを優先しており、前後に発生する諸問題へのサポートも包括的に行っています。

 

山田ビジネスコンサルティング

 

専門的な能力に長けている

山田ビジネスコンサルティングに勤めているスタッフは、メーカーや小売、ヘルスケアといった業界出身の社員が中心となっており、それぞれが独自のノウハウを備えています。

業界の内部にまで精通したスタッフからの対応を受けられることが強みとなっており、他業種では理解しにくい業界特有の問題に関しても、スムーズな対処が可能です。

 

また、既に備えている知識やノウハウにあぐらをかくことなく、常に最新の情報を仕入れ、組織・個人の両面で専門力をアップデートしている点も魅力になっています。

業界ごとの動向を監視することは当然として、法律や制度の改正にも敏感に反応しているため、時代を先読みした取引を成立させることに長けた企業です。

 

専門分野の知識を養う研修のほか、外部講師による社内研修も随時実施するなど、社員教育やモチベーションの維持という面にも注力する企業として評価できます。

 

巨大グループとしての高い組織力

山田ビジネスコンサルティングは、公認会計士であり税理士でもある山田淳一郎氏によって立ち上げられた会社であり、そのほかにもグループ企業が点在しています。

とりわけ、税理士法人山田&パートナーズは山田ビジネスコンサルティングと経営理念を共にしており、切磋琢磨する関係性です。

 

山田グループには、2018年現在のデータで1,615名ものスタッフが働いており、各セクションでそれぞれの人員が持てる力を結集してクライアントに還元しています。

M&Aにおいては、ビジネス目線とオーナー目線の両方を意識した推進を目指しており、経営と事業継承の両面において、ノウハウの発揮を期待できます。

 

特に山田ビジネスコンサルティングは元税理士法人という成り立ちを持っているため、経理に関する専門的なサポートを受けられることも特徴です。

企業に関連するさまざまな問題、あるいは課題を解決させると同時にM&Aを実現させていくため、スピーディーなM&A成立を目指すクライアントとの相性に優れています。

 

M&A前後のサポートもきめ細やかに対応する

山田ビジネスコンサルティングが目指すのは、単純にM&Aを成立させるということだけではなく、企業や事業が永続的な発展を遂げるためのM&Aです。

そのため、プレM&A、PMIの両面にも全力で取り組んでおり、事前準備の段階からアフターケアに至るまで、さまざまな形でフォローを受けることができます。

 

特にPMIに関しては、統合に向けた構想や計画のグランドデザインに関与し、統合初日に向けた準備を綿密な計画を基にして進めるなどの対策を実施中です。

PMIアクションプランを実行に移した後も進捗のモニタリングを実施しており、成果分析後の状況に応じて、プランそのものの見直しも行っています。

 

山田ビジネスコンサルティングによる成功事例と評判、口コミ

実際に、山田ビジネスコンサルティングによる成功事例と評判、口コミをご紹介します。

 

タクシー会社同士のM&Aを手掛けた事例

複数に拠点を持ち、100台以上のタクシーを営業させていたA社は、競合他社の参戦によって業績が低迷し、損益管理も行われなくなるという局面にひんしていました。

ここで経営の合理化とコンパクトな運営に舵を切ることになったA社は、不採算部門の売却を目指して、M&Aの成立を目指すことになります。

 

A社が条件として提示していたのは、乗務員の雇用を守るという契約内容と、会社の価値に見合った債券資金を提供できる企業という2点です。

山田ビジネスコンサルティングでは、この案件において同業の大手企業をM&Aの相手として紹介し、A社が想定する以上の譲渡価格を引き出すことに成功しました。

 

100名以上という従業員数を抱えていたA社ですが、希望通り全員が雇用を確保し続けることができ、大半の社員が納得した状態でM&Aを成立させられたと言います。

 

速やかで低コストのM&Aができると評価が高い

山田ビジネスコンサルティングは、事業コンサルティング系のM&A仲介会社ですが、どちらかと言えば、セールス的な要素が強い企業でもあります。

そのため、M&Aの成立までにかかる期間も半年程度を目途にすることができ、速やかな売却を目指す経営者からの評価が高まっています。

 

今後の展開を見据え、企業そのものの価値が近い将来に低下する可能性が高いと判断した場合には、山田ビジネスコンサルティングに相談すると素早い対応に期待できるでしょう。

契約成立までの時間を短縮させることができれば、会社の運転資金はもちろん、コンサルティング会社に支払う費用を浮かせることもできます。

 

有利な条件を引き出しながら、低コストでM&Aを妥結させたいという願いを持った経営者から支持され、高評価を獲得していることが山田ビジネスコンサルティングの特徴です。

 

まとめ

東証一部にも上場している山田ビジネスコンサルティングは、国内外に多くの拠点を持つ事業コンサルティング系M&A仲介会社であり、1,000名を超す専門家が在籍しています。

税理士法人としての歴史を持つ仲介会社であることから、経営や継承に関する諸問題をM&Aの実行と同時に解決させることができ、速やかな制約に期待できる仲介会社です。

 

クロスボーダー案件にも対応できることや、コストを抑えたM&Aを目指せること、そして企業の価値そのものを高めたうえでM&Aに臨めることが、評価を高める要因になっています。

 

事業コンサルティング系M&A仲介会社9選を紹介する!

ー事業承継を考えている方へー

・会社を事業承継したいけど方法がわからない。

・事業承継をする相手を探したい。

こんな問題を解決できるサービスが「会社即売.com」です。

事業承継には様々な選択肢があります。親族間の承継、会社を他社に譲渡するなど。

・引退後の資金の獲得
・個人保証からの解放
・育てた会社の事業継続

上記を実現するべく、手数料無料で素早く売却できる「会社即売」にまずは相談してみましょう。

 

▷▷「会社即売.com」の詳細へ

-事業コンサルティング系M&A仲介会社

Copyright© 事業承継プロフェッショナル , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.